ニキビ・ニキビ跡の治療ガイド
HOME おすすめ!サプリメントの飲み方 サイトマップ
ニキビってなぁ〜に!
ニキビで悩んでいる人々
あなたのニキビの種類
ニキビを悪化させる細菌
ニキビ跡について
皮膚の基本構造
真皮の役割
皮膚分泌の役割
自分の肌のタイプを知ろう

ニキビができる原因とは?
ニキビができる要因
ホルモンバランスの乱れとニキビの関係
食習慣と肌の関係
睡眠不足と夜更かしの影響
ストレスとニキビ
活性酸素の害
紫外線とニキビの関係
ニキビができる体質と遺伝

ニキビの治療方法!
正しい洗顔方法
化粧品の選び方
ニキビ薬の選び方
正しい病院の選び方

当サイトについて
運営者情報
相互リンク集
相互リンク募集中

P R
ワキガ 対策
株の勉強

自分の肌のタイプを知ろう




肌のタイプは、大きく分けると四つに分けられます。
自分の肌のタイプを知ることは、たいへん重要なことです。

乾燥肌

乾燥肌は、皮脂の分泌量がもっとも少ない肌タイプになります。
乾燥してかさつきやすく、肌のきめも粗く整っていないことが多いです。
また、皮脂膜が十分に形成されないため、ちょっとした刺激でかぶれたりします。

脂性肌

脂性肌は、皮脂の分泌量がもっとも過剰な肌タイプになります。
皮膚が厚くなりやすく、表面がでこぼこに見えがちで、顔全体が皮脂ですぐに光ります。
毛穴が大きく開いていますので、皮脂や汚れが詰まりやすく、ニキビのできやすいタイプになります。

普通肌

普通肌は、皮脂の分泌が適度のため、肌のトラブルが起こりにくく、きめも細かく整っている理想的な肌タイプになります。

混合肌

部分的にかさついたり、油っぽかったりする肌タイプが混合肌です。
乾燥しやすいけれども、額や鼻などは皮脂の分泌量が多いというのが乾燥型脂性肌になります。

気温の高い夏は皮脂の分泌量が増え、冬は減少するのが普通です。
よって、季節によって肌タイプが変化することもめずらしくありません!

また、加齢によって表皮や真皮の機能が低下したり、皮脂の分泌量も少なくなって乾燥しやすくなるのが一般的で、年代によっても肌タイプは異なってきます。

自分の肌が、今どんな状態にあるがをチェックして、スキンケアの方法やニキビ対策を工夫することが大切です。