ニキビ・ニキビ跡の治療ガイド
HOME おすすめ!サプリメントの飲み方 サイトマップ
ニキビってなぁ〜に!
ニキビで悩んでいる人々
あなたのニキビの種類
ニキビを悪化させる細菌
ニキビ跡について
皮膚の基本構造
真皮の役割
皮膚分泌の役割
自分の肌のタイプを知ろう

ニキビができる原因とは?
ニキビができる要因
ホルモンバランスの乱れとニキビの関係
食習慣と肌の関係
睡眠不足と夜更かしの影響
ストレスとニキビ
活性酸素の害
紫外線とニキビの関係
ニキビができる体質と遺伝

ニキビの治療方法!
正しい洗顔方法
化粧品の選び方
ニキビ薬の選び方
正しい病院の選び方

当サイトについて
運営者情報
相互リンク集
相互リンク募集中

P R
ワキガ 対策
株の勉強

ストレスとニキビ




ニキビを含めた肌のトラブルの原因は、ストレスが大きく関係しています。
人間は、心配事や悩み事を抱えてイライラした状態が続くと、肌が荒れたり、じんましんが生じたりする人もいます。

ひどい場合は、爪の健康が損なわれたり、円形脱毛症になってしまうこともあります。
爪や毛髪というのは、皮膚の細胞が変化したものですから、不安定な精神状態になるとこのような事態を招くこともあります。

女性は、恋をしていると肌がいきいきし、髪もツヤツヤして、綺麗になっていきます。
これは、幸せな気持ちが女性ホルモンの分泌を安定させて、肌などに良い影響が出てくるからです。

このように、精神状態と肌の関係には大きな影響を与えています。
では、肌のトラブルとストレスはどのように関わりあっているのでしょうか?

ストレスと関係が深いのは自律神経系と言われています。
自律神纏系は、交感神経と副交感神潅とから構成されていますので、ストレスを受けると交感神経の働きが活発化します。

交感神経の活発化により、アドレナリンやノンアドレナリンといったホルモンが多量に分泌され、血圧が上昇したり、筋肉が収縮したりして、ストレスに対抗するために体が緊張状態になります。

ストレスをもたらす対象に対して怒りや恐怖などの感情も生じますので、精神面でも緊張状態になります。
また、ストレスはホルモンの分泌をつかさどる内分泌系の働きとも関連しています。