ニキビ・ニキビ跡の治療ガイド
HOME おすすめ!サプリメントの飲み方 サイトマップ
ニキビってなぁ〜に!
ニキビで悩んでいる人々
あなたのニキビの種類
ニキビを悪化させる細菌
ニキビ跡について
皮膚の基本構造
真皮の役割
皮膚分泌の役割
自分の肌のタイプを知ろう

ニキビができる原因とは?
ニキビができる要因
ホルモンバランスの乱れとニキビの関係
食習慣と肌の関係
睡眠不足と夜更かしの影響
ストレスとニキビ
活性酸素の害
紫外線とニキビの関係
ニキビができる体質と遺伝

ニキビの治療方法!
正しい洗顔方法
化粧品の選び方
ニキビ薬の選び方
正しい病院の選び方

当サイトについて
運営者情報
相互リンク集
相互リンク募集中

P R
ワキガ 対策
株の勉強

食習慣と肌の関係




チョコレートやスナック菓子を食べすぎて、ニキビができてしまったという人もいると多いと思います。

脂肪分や糖分は、皮脂の材料となりますので、過剰な脂肪分や糖分を摂取すると、皮脂の分泌量が増えます。

また、脂肪分や糖分は、皮脂の性質を変化させて、皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまうこともわかっています。

お菓子類が美容にも肥満にもよくないことは理解していても、その誘惑に勝つには非常に難しいです。

気分転換や三時のおやつに少しつまむ程度ならいいのですが、脂肪分や糖分の多い食べ物は口当たりがよく、なかなか適当なところでやめられない魔力があります。

栄養のバランスが偏ると、皮膚の健康が保てなくなります。
特に、ニキビの予防改善に重要な役割を果たしているのはビタミン類です。

ビタミンAが不足すると、古い細胞がたまって角化異常が起こりやすくなり、皮脂も詰まりやすくなってしまいます。

さらに、ビタミンB群が不足すると、皮脂分泌のコントロール機能が低下したり、皮膚の抵抗力も弱まってアクネ桿菌が増殖しやすくなります。

ビタミンCが不足すると、細胞の再生機能が低下したり、メラニンの増加が進んでシミができやすくなります。

このような事態をさけるため、ビタミン類は摂取しなければなりませんが、ニキビや肌のトラブルを招く要因になる便秘を解消するため、食物繊維の摂取も欠かせません!